【必見!】パパ活で役立つ「プロフィールの書き方」

「パパ活を始めてみたけれど、思うようにパパが集まらない…。」とお悩みの方へ、もしかしたらプロフィールの書き方が良くないのかもしれません。パパ活で役立つとっておきの「プロフィールの書き方」をお教えします!これから初めてパパ活を始める人もぜひ参考にしてみてください。

パパ活プロフには写真では伝わらない部分を書くこと

プロフィールと一緒に写真が掲載できる場合は、写真を見て分かる範囲をプロフィールに書いてもパパにとって有力な情報源にはなりません。「目が大きいのが特徴です。」「髪は黒色です。」など写真を見れば分かるような内容だと魅力的なプロフィールとは言えません。写真だけでは分からない部分をしっかりと明記することが一番のおすすめです。パパが求めていること、知りたい部分を意識して書いていきましょう。

希望の場所・連絡が取れやすい時間帯を書くこと

忙しいパパのためにも、活動範囲や連絡が取れやすい時間帯を事前に知らせておきましょう。思いやりを感じ取ることができ、安心感も与えられます。活動範囲や会いたい場所はおおよそでも構いません。「山手線沿いならどこでもOKです。」「都内ならどこでも大丈夫です。」「新宿あたりで会ってくれる方、歓迎♪」など簡潔に記載しておきましょう。連絡が取れやすい時間帯も細かく書く必要はありません。「19時以降ならいつでもOK♪」「午後は特に返信がしやすいです。」など自分の生活スタイルに合わせておくと楽です。

将来の夢や目標は必ず書いておくこと

パパ活を行うにあたって重要なのは応援したくなる女性かどうかです。「お金が欲しいですー。」「ご飯をおごってくれるパパいないかな?」など単刀直入に書くよりも、「ダンサーを目指して毎日練習しています!」「将来の夢は看護師になることです。専門学校か大学に行きたいです(;_;)」など、はっきりとした目標と目的、日常的な努力をアピールしておくとより良いです。特に目標がない人でも趣味は最低限記載しておくことをおすすめします。

初々しい雰囲気を出して記載すること

出会い系の専門用語を多用するよりも、慣れていない初めての雰囲気を出すことがベストです。「初めてなので不慣れな部分もあるかもしれませんが、よろしくお願いします。」など謙虚な姿勢でいることも大切です。パパが支援したくなる女性は主に素人で初々しい女性です。ガツガツ系よりも大人しい清楚なタイプの方が好感度も高いです。

プロフィール写真は自撮り感を出した方が良い

プロフィールに掲載する写真は第三者を感じさせない自撮りの写真がベストです。プリクラも良いですが、誰と撮ったのかなと不安を抱く男性もいます。口元をピースで隠して斜め上から携帯で写真を撮るなど、自分一人で撮っている雰囲気を出しておきましょう。もちろん、写真はかわいいもしくは美人をアピールした写真が良いです。セクシーな写真も良いですが、写真だけで判断する男性もいるため、体目的の男性を集めてしまうことにもなりかねません。写真選びはくれぐれも慎重に行いましょう。

汚い言葉やマイナスな言葉はNG

「マジで」「ヤバイ」「スゲー」など下品な言葉の使用は避けましょう。方言はある程度許されることもありますが、好き嫌いが分かれてしまうこともあるので出来るだけ標準語にしておくことをおすすめします。「死にたいくらいつらいです。」「マジでヤバいんでお願いします。」などネガティブな表現が強い言葉や軽い口調は避けた方が良いです。パパが求めているのは明るくて元気な女性、言葉遣いが普通あるいは上品な女性です。

掲示板で完結させるのは危険

掲示板での募集について補足ですが、パパから連絡があった場合は掲示板で全てを完結させようとせず、速やかにLINEやカカオトークなど外部のコミュニケーションツールを使ってのやりとりに移した方が良いです。掲示板でやりとりを続けていると、少しでもNGな言葉があっただけで掲示板運営者から消されてしまう可能性があります。掲示板でのアカウントの停止や丸ごと削除されてしまう危険性もあります。プロフィールにも援助交際を臭わせるような言葉などNGワードは使わないよう注意しましょう。

プロフィール文章は短すぎても長すぎてもダメ

プロフィールは読みやすく簡潔に書くことが一番です。ダラダラと読みにくい文章で長く書かれてもパパ側は読み流してしまいます。読みやすいなと感じる人のプロフィールを真似るのもひとつの方法です。完全なパクリを行うと相手に怒られることもあるので注意しましょう。簡潔にとはいえ、「女です。21歳です。下北沢に住んでいます。」だけだと何も魅力が感じられません。趣味や特技、希望の活動範囲や将来の夢などプライバシーに支障がない範囲で書き足しましょう。プロフィールは充実し過ぎていてもだめです。パパにこの子のことをもっと知りたいなと思わせる書き方をすることが一番良いです。

パパ活はとにかく写真が命

どんなにプロフィールが完璧でも、写真の姿がだらしないと意味がありません。髪がぼさぼさ、ノーメイク、汚い部屋が写っている、歯ブラシが2本あるなど男性の陰があるような写真は避けましょう。明るい雰囲気を出すことは大切ですが、別人になってしまうほどの過度な修正も良くはありません。メイクや服装にも気をつけて、女性らしい雰囲気のある写真を掲載しましょう。写真だけで判断する男性もいるので、絶対に手を抜いてはいけません。

パパ活プロフィールの書き方まとめ

プロフィールの書き方のポイントは、体のサイズや年齢など写真では分からない情報を伝えること、夢や目標を明記すること、趣味や好きなものを書いておくことです。初々しい雰囲気を出しながら読みやすく書くことも大切です。汚い言葉遣いやネガティブ過ぎる表現は避けましょう。思いやりや優しさをアピールできる文章だとより良いです。周りの人のプロフィールの良い所を真似してみるのも良いでしょう。写真もプロフィールと同じくらいに大切なアイテムなので手を抜かないよう気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする