流行しつつあるパパ活に対して世間の反応は?

娘のように可愛がってくれる男性を探すべくパパ活へ挑む女性達。一方で、パパ活に対する世間の反応はどのようなものなのでしょうか?ちょっと気になるパパ活へのイメージを集めてみました。

やっぱり心配なのは安全性

「パパ活って知らない男性に会うってことでしょ?大丈夫なの?」と心配の声もありますが、女性に危害を加えること、危害を加えようと考えること自体が犯罪です。純粋に娘のような存在が欲しいと望んでいる男性もいます。誰もいないところで男性と二人きりで会うというのは確かに危険な行為ではありますが、それはパパ活に限らずどのような場合でも言えることです。安易に個人情報を与えないなどパパ活を行う女性がリスクを避けることでより安全なパパ活が行えます。警戒し過ぎると逆に距離感が出来てしまう可能性もあります。最低限の防御策はとりつつ、リラックスをして気楽にパパ活を行っていくと良いのでしょう。

働くことが嫌になりそう

パパ活を行っていると聞いて「そんなに簡単にご馳走して貰ったりお金を貰っていたら、働くのが嫌になるんじゃない?」と心配する人もいます。しかし、多くの女性達はあくまでもプラスアルファとしてパパ活を行っています。もちろん、パパ活だけで生活を賄っている人もいますが、ほとんどの人が何かしらの目標を持っており、あくまでも生活を支えてもらう手段としてパパ活を利用しているのです。また、パパ活では必ずしも多額のお小遣いが貰えるわけではありません。月に数万円を仕送りとして渡し、たまに会って父娘のように仲良く出かける。それだけで幸せを感じられる男性も少なくないのです。経済的に少し余裕が持てた女性達はより活き活きと働くことが出来ます。

本当にご馳走してもらえるの?

食事を奢って貰えるかどうかはパパ次第ですが、カワイイ娘のためにと太っ腹な男性がいるのは事実です。一緒に食事をしなくても、生活費として仕送りを与えてくれる男性もいます。もちろん、中には盛大にご馳走してくれるパパもいますし、友達と美味しいものを食べなさいとお小遣いを与えてくれる男性もいます。「ちょっと軽く女性と食事をしただけでこんなにも喜んでくれる。それだけで幸せだ。キャバクラに何万も使うのはバカバカしいくらいだ。」と語る男性もいます。幸せはひとぞれぞれであるということでしょう。

性的関係は持たないの?

パパ活での最大のメリットとも言えるのが性的な関係を持たなくても良いという点です。むしろ、お金を渡して性的な交渉をすることは良くありません。また、男性の多くが30代後半~40代頃から性欲が減退していきます。彼女を作るとセックスレスで文句を言われて苦痛であり、子供が苦手だから妻は要らないと考える男性もいます。そこで便利なのがパパ活なのです。パパ活では父娘の疑似体験ができるため、孤独を紛らわすことも出来ます。性的な関係は持たないけれど、一般的な父娘では難しい温泉での混浴を楽しむことも出来ます。彼女や妻のようにあれこれと文句を言われることもありません。一人でいると寂しいけれど、一緒にいると頑張れる、娘がいると思うと頑張れると活力にもなるようです。パパ活ではお互いに需要と供給が成り立っています。性的な交渉を依頼されたら断ることが出来るのもパパ活の良い所です。

不倫にはならないの?

既婚者である男性が他の女性と性的関係を持つなど明らかな不貞を行った場合は不倫が成立しますが、女性と食事をした程度で不倫が成り立つとは考えられません。旦那さんのことが好きでたまらない奥様からしたら、旦那さんが若い女性と楽しそうに食事をしているのも心地がいいものではないかもしれませんが、長い目で見れば、多少は息抜きが出来る場があっても良いのではないでしょうか。もちろん、パパ活によって男性の家庭が崩壊寸前となり、夫婦関係に亀裂が入ってしまうのは良くありませんが、家庭の経済や調和はその男性の責任でもあります。また、パパ活は女性側が強要するものでもありません。

男性は本当に満足しているの?

男性が娘に求めることは様々ではありますが、独身男性にとっては煩わしい結婚をするよりも理想的な娘を手に入れて成長を見ているだけでも楽しいと考える人もいれば、彼女や妻のように常に一緒にいなければならないというわけではないのでとても気楽で便利だと述べる人もいます。また、夢に向かって進んで行く娘を見ていると自分も励まされると喜ぶ男性もいれば、娘がいると思うだけで頑張れると存在そのものに癒しを感じている男性もいます。程よい距離感が保てているため喧嘩にもなりにくく、変に気を遣う必要もありません。性的な関係を持つ必要がないので、性の不一致で悩む心配もありません。男性にとって理想的な恋人のような娘を持つことが出来るのです。パパ活は風俗やキャバクラに行くよりもリーズナブルで心が癒されると好評でもあります。

後ろめたさや罪悪感はないの?

経済的な負荷が強まり、若い人たちの犯罪が増えつつあります。また、風俗店で働きながら大学へ通う女性も珍しくはなくなりました。人生を台無しにしてしまう、身も心もボロボロにしてしまうよりはパパ活を行っている方が遥かに健全なのではないでしょうか。恵まれた家庭で育ちお金に余裕のある人が、恵まれない家庭で育ちお金に余裕のない人を支えて何が悪いのでしょうか。支えてもらっている女性達もきちんと時間や労力を費やして癒しや笑顔など自分なりのサービスを提供しています。もちろん、中には後ろめたさや罪悪感を持っている女性もいます。でも、多くの女性はパパ活をしたくてパパ活を始めたわけではないのです。経済的な背景や、やむを得ない事情からパパ活を開始しています。働き方は人それぞれです。

出会い系を連想させることからすんなりとは受け入れられ難いパパ活ではありますが、男性と女性の双方にメリットが生じていることは否めません。支えあって生きていくことを考えれば、パパ活は良いシステムであるとも言えます。貧富の差が生み出した社会現象であるといっても過言ではないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする