パパ活で失敗しない為のプロフィールの書き方

パパ活で失敗しない為のプロフィールの失敗談と成功例を比較してチェックしてみましょう。
「パパ活が上手くいかない!」と悩んでいる人はプロフィールの書き方を見直してみませんか?もしかしたら、プロフィールひとつで大きく結果を変えられるかもしれません。パパ活で失敗しないためにも、

パパ活で失敗しないプロフィールとは?

もし、現時点でプロフィールを設定していないという人は大きな損をしているかもしれません。使用しているサイトや利用しているアプリにもよりますが、プロフィールがない人へのアプローチは少ないものです。先ずはプロフィールを書くことが必須だという認識を持っておきましょう。

パパ活に必要な情報をしっかりと書くこと

プロフィールの記載内容は自由ではありますが、コツとしてはパパ側が知りたいであろう情報を明記しておくことが大切です。どのようなことを書くべきなのか迷った時は下記を参考にしてみましょう。

<自分の雰囲気を伝える>
超能力者でない限り、ニックネームだけで相手の雰囲気を把握することは不可能です。パパ側が先ず知りたいのは女性側の雰囲気です。優しい雰囲気なのか、おっとりした雰囲気なのかを文章や写真などから醸し出す必要があります。もちろん、率直に自分の雰囲気を伝えるのもOKです。「ふんわりした雰囲気だとよく言われます。」などでも良いです。「友達からは天然だと言われます。」など自己評価よりも第三者からの評価を述べた方がより良いです。プロフィールを書き出す前に雰囲気を意識していきましょう。既にプロフィールを書いてしまっている人は客観的に見たらどのような印象を持つかチェックしてみましょう。知られて差し支えない人に聞いてみるのも良いでしょう。

<髪色髪型を伝える>
こちらは写真に自分の姿を写しているのであれば記載は不要ですが、他の画像を使用している場合は書いておいても良いでしょう。パパにも好みは様々ですが、清楚系が人気であることから黒髪がウケやすいのは否めません。いつも同じ髪型なのであれば、ポニーテールであることや巻き髪であることなど髪型に関する特徴を記載するのもおすすめです。

<普段の服装を伝える>
ファッションは日によって変わることもあるので必ず書かなければならないというわけではありませんが、雰囲気を伝えるための参考資料として記載しておくのは良いでしょう。「よくワンピースを着ます。」「女友達からオシャレだと言われます。」など自分の魅力に関するファッションを伝えてみましょう。一緒に歩いていても恥ずかしくない、むしろ自慢したいと思われるような人物像をプロフィールで作りましょう。

<どのような性格かを伝える>
性格も自分を伝えるための大きなキーワードとなります。性格についてはベラベラと長文で述べる必要はありません。「性格:真面目」などでもOKです。自分はどのような人かを伝えることが大切です。

<チャームポイントを伝える>
知らせて差し支えない範囲で自分のチャームポイントを伝えておくのもおすすめです。「目の下に泣きぼくろがあります。」「いつも黄色いシュシュをつけています。」などを書いておけば、実際に会った時に見分けやすくなり、相手の記憶にも残りやすくなります。

<カワイイorキレイな写真を使うこと>
プロフィールは写真が命と言っても過言ではありません。時には写真だけで判断されてしまうこともあります。自分がしっかりとPRできる写真や可愛い雰囲気の写真、オシャレな雰囲気の写真など良い印象を与えるプロフィール写真を用意しましょう。尚、本人が写っている方がパパを呼び寄せやすいです。他の人が写っている写真を無断で使用するのは違法なので気をつけましょう。

パパ活失敗プロフィールのNG例

いまいち自分のプロフィールの悪いところがわからないといった人は下記内容もチェックしておきましょう。また、これから新たにプロフィールを作成する人も気をつけておきましょう。

<言葉遣いが荒い>
当然ですが、言葉遣いが悪い女性はパパが嫌います。中には言葉遣いが荒い女性を好む男性もいますが、そのような人は稀です。「ハゲは連絡禁止」など失礼な言葉を使わないよう気をつけましょう。

<文章が読みにくい>
文章に区切りがなく、文字が詰まったような文章は避けられてしまいます。プロフィールの文章は簡潔に記載しましょう。段落を使用するのもおすすめです。

<ひらがなが多すぎる>
「わたしは東京ではたらいています。」など、読みやすくしようとして逆にひらがなが多すぎる文章もNGです。パッと見て分かる文章を心がけましょう。尚、漢字が多すぎる文章は逆に堅苦しいのでダメです。何事もほどほどが一番です。

<カタカナが多すぎる>
「パーマとエクステを使用したオシャレなフンイキ」などカタカナが多すぎるのも不自然です。「マジ」「ヤバイ」なども連呼しないよう気をつけましょう。

<ネガティブワードが多い>
「人生が憂うつです。」「不眠に悩まされています。」など、プロフィールが人生相談となってしまわないよう注意です。悩みに関しては会話の話題として活かしましょう。プロフィールは明るめにした方が良いです。

<自虐ネタが多い>
「私ブスなんで」などの自虐ネタはパパにはウケません。一部のパパは面白がるかもしれませんが、本当にそうなのだろうと受け取られてしまう可能性が高いです。

<写真が怖い>
真っ黒の写真や幽霊のように写った写真など、不気味なプロフィール写真はNGです。「ホラー系の話題が好きです。」などプロフィールの文章として使うのは良いですが、プロフィール写真は明るめの方がパパの興味を引くことでしょう。

<余計な情報が多い>
色んな情報を詰め込み過ぎて長文になってしまわないよう気をつけましょう。写真で伝わりそうな部分はプロフィールに書かなくても大丈夫です。プロフィール写真だけでは伝わりづらい部分を文章で伝えましょう。

パパ活で失敗しない正しいプロフィールの書き方まとめ

プロフィールの文章は簡潔に分かりやすく書くことが大切です。また、プロフィールで重要なのは写真です。写真の選び方、文章の書き方をチェックしてより良いパパ活に取り組みましょう。