パパ活であった危険なサインまとめ

パパ活であった危険なサインまとめ

女性の夢や願望を叶えるお手伝いをしてくれる「パパ活」。パパ活で出会える男性は十人十色、それぞれ性格や言動も異なります。パパ活を行う中で注意すべきサインをまとめてみました。

どんなに優しいパパでも男性であることを忘れないように

食事やデートに誘ってくれて、いつもお金を渡してくれる優しいパパを発見してラッキーと思いきや、次第に男性側がエスカレートしてきて無理矢理にホテルへと引き込まれそうになったと語る女性もいます。もちろん、ずっと大切に優しく接してくれるパパもいますが、中にはあわよくばとタイミングを狙っている男性も少なくはありません。自分の身を守るためにも、いざという時に助けが呼べるよう、人が集まる場所で会うなど工夫をしておきましょう。周りに誰もいなくて完全な密室へと誘おうとするパパには警戒して良いでしょう。少しでも嫌な予感がしたらきっぱりと断ってしまっても構いません。自分の身を守ることができるのは自分が一番であることを忘れないでください。

なかなかお金を与えてくれないパパにも注意

「お金はまた次回会った時に」「終わった後に渡したい」と前払いやその場でのお金の手渡しを拒否する男性には注意が必要です。トイレに行く振りをしてそのまま姿を消される、いつまで経ってもお金を渡してくれないなどトラブルのもとにもなります。また、「後日まとめて渡す」といった手口にも注意が必要です。なるべくその場その場で渡してもらうようお願いをするなど、事前にお金を受け取ってからデートをした方が安全と言えます。全てが自己責任ではありますが、会う前に口座番号を教えてしまうなどリスクのある行動はとらないように気をつけましょう。

電話やメールをしつこく寄越してくるパパは危険

恐怖心を感じるほどしつこく電話やメールをしてくる男性がいたら、速やかに運営側や警察に相談しましょう。可能であれば受信拒否にするなどの対処も望ましいですが、相手に住所を知られている場合や身の危険を感じた時は直ぐに相談しておいた方が良いです。また、回数は多くなくとも不快な内容のメールを送ってくる場合、脅しめいたことを言ってくるようであれば会わない方が無難です。中にはせっかちな性格のパパもいるかもしれませんが、お金を持っているパパはさほど暇ではありません。親しい関係となってきたとしても、住所は伏せておいた方が良いでしょう。

パパが一人で来なかった時も要注意

送迎者がいる程度であれば大丈夫ですが、会社の同僚や友人だと言ってもう一人、あるいは複数人の男性や他人を連れてやってくるパパには要注意です。純粋な気持ちで連れてくるパパもいるかもしれませんが、中には悪徳なグループも潜んでいるかもしれません。不安を感じた時は直ぐにその場を離れて帰宅をするか、友人を呼ぶなど一人きりにならないよう工夫しましょう。危険を感じた場合は直ぐに110番通報をして構いません。優しいパパもいれば危険なパパもいることを念頭に置いておきましょう。

会って直ぐに個人情報を聞き出してくるパパには警戒を

会って間もないにも関わらず、口座番号や本名を聞き出してこようとするパパには警戒した方が良いでしょう。口座番号を聞いてきた場合、お金をゲットする良いチャンスではありますが、しっかりとした信頼関係が築けてからにした方が良いです。可能な限り、その場で現金を手渡ししてもらう形である方が安心です。ずっと優しかったパパがちょっとした失言で豹変し、本名を元に嫌がらせをしてくるなど事件に発展する可能性も否めません。くれぐれも住所や口座番号など大切な個人情報を簡単に教えてしまわないよう注意しましょう。しつこく聞いてくる場合はハズレだったと思ってフェードアウトすることをオススメします。

明らかに怪しいパパとは距離を置くこと

時々、パパにかかってくる電話の着信。その会話内容に違和感を覚えた場合はパパと距離を置いた方が良いです。よく分からない書類にサインを求めてくる、変な薬を勧めてくるパパにも注意しましょう。なんだか怪しい、安心できないと感じた場合はすぐに距離を置いて構いません。相手に失礼のない範囲で色々と話を聞いてみるのも良いでしょう。自分自身には優しく接してくれていても、誰かと電話をしている時は暴言を吐いているなど、恐怖心を覚えた時も注意が必要です。詐欺に巻き込まれたり恐喝された場合は速やかに交番へ相談してください。気になることがあれば友人に相談するなど一人で抱え込まないようにしましょう。

車でのドライブは信頼関係をしっかりと築いてから

デートをする際に車でのドライブに誘われることもあるかとは思いますが、初対面である場合や数回しか会っていないなど関係が薄い場合は断ってしまって構いません。ドライブでは主に男性側がハンドルを握り操作します。つまり、どこに連れていかれるかも分かりませんし、途中で降りたくても降りられなくなります。何度か会って、本当に心から信頼ができ、自分で自分の身の危険を守られる自信があるのであれば思い切ってドライブに参加するでも良いでしょう。ドライブの時だけ友人を一緒に誘うのもオススメです。海外旅行や外泊なども同様に、パパに友人を呼ぶことを許してもらい一人きりにならないよう工夫をするのも良いでしょう。

どのようなパパなら安全なの?

人には本性が隠れていることがあるため、一概にこのような人なら絶対に安全だとは言い切れませんが、喜怒哀楽の差が激し過ぎない温厚な性格であることや、やや不器用な部分があるくらいのパパの方が良いとは言えます。人の心は言葉や態度にも表れやすいものです。温厚そうに見えても、ふとした瞬間に本性が見え隠れする時もあります。その隙を見逃さないよう常日頃からチェックしておきましょう。まだ信頼関係が築けていないにも関わらず、「相手がかわいそうだから」「いつもお世話になっているから今回だけ」など妥協して不安があることを承諾してしまわないよう気をつけましょう。本当に優しいパパは女性のことを一番に思ってくれるはずです。